第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【桃原卓也】少年少女部門 優勝!

 

●三味線歴 3年

●小田島流入会 2017年9月

●入賞にあたってのコメント

 

倉敷大会では、いい成績を残せず とても悔しかったので 滋賀大会では、絶対優勝する!と思って 毎日練習頑張りました。

本番、すごく緊張しましたが、客席からの声援が聞こえて心強かったです。

倉敷大会での反省点を頭の中で唱えながら、 一生懸命演奏しました。

優勝できて良かったです。

 

これからも、一生懸命練習して 一般の部でも良い成績が残せるよう頑張ります!

あと、ケガには気をつけます(笑) ありがとうございました。

 

 

演奏始まってすぐ「凄い!これは優勝あるぞ!」と思いながら聞いてました。

次の大会では怪我しないように気を付けてね(笑) by.i藤


 

第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【宇佐美良太】一般男子部門 14位

●三味線歴 3年

●小田島流入会 2016年12月

●入賞にあたってのコメント

 

今回の滋賀大会では師匠に後押しされ、一般男子の部に初出場しました。

自分はまだそのレベルではないと思いましたが、挑戦しました!

結果は14位と低く、師匠に合わせる顔がなかったです。

やはり初心者の部とは格が違うと実感しました。

 

後から考えると、感情移入しすぎたのかもしれないと反省しています。

とは言うものの、順位ぬきで考えると、自分としてはなかなかいい演奏だったのでは、と自惚れている自分もいました。

来年は一般男子で優勝を目指して、上位入賞できるように精進いたします!

 

 

鋼のメンタルに定評のある彼。 いつも動じずクールな演奏をみせてくれます。

来年は優勝出来るよう頑張って! by.i藤


 

第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【末廣裕美】一般女子部門 第6位

⚫︎三味線歴 10数年

⚫︎小田島流入会 2016年7月

⚫︎入賞にあたってのコメント

 

一般女子の部で入賞(6位)を頂きました!

私は極度のあがり症で、 演奏前に「がんばれ〜」コールをおねだりしたにも関わらず、、

またやってしまいました。。

 

司会者の「どうぞ」の声に被るくらいのタイミングで、、

  「がんばれ〜」

の掛け声が聞こえる前に、、

  ダダーーーン♪

 

弾きだすと猛スピードで走りまくり💨💨 指も硬いです。。

皆さんのがんばれコールで気持ちを落ち着かせる予定が ( ̄O ̄;)

 

結果は素直に嬉しいです^ ^

演奏技術はまだまだです。

 

今後の課題

★師匠にご指導頂いた箇所を綺麗に丁寧に弾けるように!

★落ち着いて演奏ができるように!

日々の練習で、この課題をクリアできるよう精進いたします!!

今後ともよろしくお願いいたします◡̈⃝︎⋆︎* ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

 

 

いつも福岡から来て下さる心強い仲間です。

三味線に対して凄く努力家で、練習サボり魔の私は見習わないとなぁ(笑)

by.i藤


 

第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【佐野愛夏】初級部門 3位

●三味線歴…2年4ヶ月

●小田島流入会…2018年1月

●入賞にあたってのコメント

 

今回、初めて大会に参加させていただきました。

初級部門で3位に入賞することができ、本当に嬉しいです!

緊張でスピードがどんどん早くなりそうになるのを抑えるために、お稽古をイメージして演奏しました。

お稽古の時に目の前で師匠が机をトントンとたたいてリズムをとって下さっていたのを思い出すと

気持ちを落ち着けることができました(^^)

大会で沢山の人の演奏を聴いて、自分の課題がよりクリアになりました。

これからますます頑張ります!☆

 

 

「凄く緊張した」と仰ってましたが、凄く落ち着いて演奏しているように見えましたよ(*´˘`*)

次は一般の部で頑張って下さいね!

by.i藤


 

12月1~2日に滋賀県の大津市民会館において

第6回津軽三味線・津軽民謡全国大会 日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

が開催されました。

 

今年も"三絃小田島流 西の陣"として、課題曲(六段)部門と独創曲(オリジナル曲)部門、団体戦2部門に出場致しました。

しかも独創曲部門で演奏するのは、師範、名取達が10年以上に渡り何度も優勝してきた小田島流の代名詞ともいえる曲

   「花吹雪」

いつもだと合計10名程度で演奏する曲ですが、今回は三味線を始めて数年程度のメンバー20人での演奏。

大阪はもちろん仙台、埼玉、四国、福岡...各県から集まったメンバー。

数ヶ月前から合同練習や個人での練習を重ねてきましたが、全員が集まれたのは大会当日のみ。

様々な気持ちを抱えながら一丸となって挑みました。

 

その結果...... 課題曲(六段)部門 優勝!

独奏曲(オリジナル曲)部門 優勝!

団体戦部門W優勝をいただきました!

 

そして今回は個人戦も入賞ラッシュでした!

初級部門 佐野 愛夏(神戸支部) 3位

小泉 珠恵(旺樂会) 9位

高年部門 柴田 雅朗(大阪支部) 7位

大場 晋二(仙台支部) 13位

大野 恭子(大阪支部) 15位

山室 有史(四国支部) 17位

少年少女部門 桃原 卓也(神戸支部) 優勝!

小野寺 舞夢(仙台支部) 2位

篠原 好輝(旺樂会) 4位

一般女子部門 末廣 裕美(福岡支部) 6位

一般男子部門 宇佐美 良太(神戸支部) 14位

これだけ多く入賞をいただける小田島流、本当に凄い!

 

そして更に凄かったのは...

 

日本一部門 菊田 和志(小田島 旺樂) 優勝!

合同練習から当日までずっと皆を引っ張ってご指導いただいた旺樂師範が日本一!

唄付け抽選曲部門も2位。

 

最後まで格好良い姿を皆に見せて下さりました。

本当におめでとうございます! ☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

 

今回の団体戦に対して家元と師範お二人にコメントをいただきました。

 

滋賀大会お疲れ様でした!

団体戦2部門優勝おめでとうございました!

六段は津軽三味線の基本の曲で基本の手がビッシリ詰まった曲です。

簡単そうで実は競技としては優劣がハッキリ分かれる曲です。

後ろ撥、前撥の意味や調弦から絡めの回数。

そして1段〜3段までじょんから新節のリズム4〜6段は新旧節のリズム。

これを踏まえての団体戦だけに審査員はそれぞれの目線で厳しく見ています。

いわゆるどれだけ基本が出来るかという事です。

ただ合ってれば良いのではなく目線や姿勢まで全てが採点に入って来ます。

その中での優勝は意味があり、これからの皆さんの個人個人の演奏にも凄く良い事だと思います。

オリジナル曲優勝については今回はあえて難しい花吹雪で挑戦しまたが全体には無難に収まったものの、まだまだ納得のいく演奏ではなかったと思います。

皆さん一人一人も同じ様に感じてると思います。

しかしながら団体戦として仲間を信じて皆んなで助け合い一つの曲を演奏出来た事は何よりの収穫だと思ってます。

いつか個人個人が全力で花吹雪を弾き切れた時、本当の小田島流の花吹雪になると思います。

その日を目指してより一層精進してください。

小田島 徳旺

 

 

三絃小田島流西の陣 私も参加させてもらい、感謝しております!

最高の仲間、チームワークでした!!

ここから二連覇、三連覇して行けるように、また精進して参りましょう!!

おめでとうございます㊗️

小田島 旺響

 

 

数少ない合同稽古の中で、それぞれが注意点を振り返りながら一生懸命稽古に励んだ成果が優勝という結果に繋がったと思います。 努力が結果に繋がる達成感を一緒に共有できて幸せです!

花吹雪で挑戦する機会を与えてくれた師匠に感謝します!

小田島 旺樂

 

 


当日までご指導下さった家元と、お二人の師範には本当に感謝です!

今回の結果に慢心せず、更に高みを目指してお稽古に励みたいと思います。

勿体ぶってないでいい加減個人戦出ろ、

とそろそろ言われそうなSがお送り致しました。

 


 

去る10/20〜21 民謡小田島会一行で 岩手県山田町まちなか交流センターにて 慰問演奏に帯同させて頂きました。 西日本からは、 大阪支部から私とIさん、 九州支部からSさんの 3名の参加です。

 

前日に仙台入りし 家元と合流後、 定義如来見学後、 「定義とうふ店」で あぶら揚げを頂きました。

 

出来立ての食感には感動しました。

 

 

夜は松島の別荘にて 翌日に向けての三味線練習後、 家元を囲み仙台牛や海の幸で バーベキューを楽しみました。

結構寒かったです。

 

実はそれよりも先に背筋が 凍りそうな事がありました。

 

  私の三味線の皮が 破れておりました(>_<)

 

翌日早々に岩手県に向かい 仙台支部の 旺跳さん親子とも合流。

秋田からバスにて 本部小田島会一行様も 間も無く到着されました。

 

宗家の司会の元、 秋田民謡を中心に 手踊り等次々と繰り広げられ

 

 「秋田おばこ」を 全員で大合唱

 

で 終演となりました。

私は譜面を見ながらですが、 可能な限り頑張りました が、

 

宗家からは何度もいじられ、 顔色は青くなる一方でした。

 

夕刻になるにつれ 気温も低くなりましたが、

 

  お客様の皆様は、

 

  最後まで お付き合いくださり、

 

  喜んで頂けたと

 

勝手に思っております(^.^)

 

夜は宿舎で小田島親睦会があり 通例通り唄に三味線で たっぷり演奏させて頂き

 

 酒席で顔色は赤かったものの、 又もや青くなり のようでした。

 

 

翌日、 本部の皆様とお別れし 帰路につく訳ですが、

「わんこそば体験がしたい!」 との声があり

6名(三絃チーム)揃って 盛岡に向かい、 わんこそばを頂きました。

単に食べるだけでは 面白く無いと言う事で、 優勝者には景品が 提供される事になりました。

 

男女ハンデ無しで、 男は私と家元のみ、 女は4名でスタートです。

 

 

密かに優勝を 狙った訳ですが...

 

 

何と優勝は 九州支部Sさん。 146杯‼︎

 

2位は 大阪支部Iさん。 143杯‼︎ お二人とも女性です‼︎

 

3位 私で140杯。

 

この結果も宗家には即時伝わり、 失笑されておられました。

 

お二人とも 三味線の撥付けも お上手ですが、 見事な箸さばきで完敗です。

 

 

私も 「前箸」 「後箸」を キッチリ 「箸付け」練習

 

して 第2回 わんこそば大会の 優勝を目指し 頑張りたいと思います(^.^)

 

以上 、大阪支部の髭爺でした。


 

やっと秋めいてきた 10月中旬。

三絃小田島流西の陣メンバーで 2回目の合奏練習会を おこないました。(^∇^)

遠くは 岡山からも 参加くださり 総勢14名!!

旺樂師範に 2日間みっちり 指導いただきました。

感謝です。 皆様お疲れ様でした。 ( ̄^ ̄)ゞ

 

懇親会では、 U氏、 Tちゃん、 Yくんと 腕前を披露。

そして 最後に 旺樂師範が 素晴らしい演奏を お聞かせくださいました。

 

今回の練習は 合宿形式で行われ、 泊まり組は 1つの部屋に集まり、 深夜まで 三味線への熱〜い思いを 語り合いました。

 

『三味線が好き!上手くなりたい!』

 

という気持で 繋がっているメンバーと

 

  じっくり

 

お話ができて

 

  ホンマ 勉強

 

になりました。

 

今回の練習内容を 忘れないで、 11月の練習会へむけて

 「もっと練習をせねば!!」

と、 誓ったアッコでした。

部屋から見えた 夕日が とても きれいでした。🌇


 

第3回 津軽三味線全国大会in倉敷 

    2018年10月7日 

入賞者コメント です!!

 

【雅やん】 

●入賞にあたってのコメント

去年も今年も9位で、 師匠のご指導に 応えられず、 情けない気持ちで いっぱいです。

しかし、

 

 クリアすべき課題が 明らかになりました。

 

 精進して、 上を目指します!

 

 

大会翌日の10月のお稽古 お疲れ様でした!! 

byアッコ


 

第3回 津軽三味線全国大会in倉敷 

    2018年10月7日 

入賞者コメント です!!

 

【大野 恭子】

●三味線歴:約10年

●小田島会入会歴:2018(H30年7月)

●入賞にあたってのコメント

 

三年前の大会デビューは、 単独一人でしたが、 今回は 小田島流に入会させて頂いての参戦。

小田島師匠の御指導、 会の先輩方のお声掛け、 ラインの応援を頂き、 お陰で心穏やかに ウォーミングアップ出来、 厳しい舞台に立てました。

名古屋大会 壮年女子 『特別賞』 倉敷大会 高年部門 『六位』の入賞を 今年は達成出来ました。

心からお礼申し上げます。

 

 大好きな津軽三味線。

 

『舞台で弾ききれて楽しかった』

 

と体感出来る日を目指して 邁進したいと思います。

その前に

 

 憧れの小田島流の合奏曲

 

 『覚えるぞぉ〜〜〜』

 

 です。

 

(あーーー言っちゃった!  有言実行です!) 小田島師匠、 皆様 よろしくお願いします。

 

 

 

合奏は、楽しいですヨ❤️ 一緒に頑張りましょう!!!

byアッコ


 

第3回 津軽三味線全国大会in倉敷

    2018年10月7日 入賞者コメント

です!!

 

【 好輝(ヨシキくん) 】  個人戦 少年少女部門入賞

●三味線歴:4年

●小田島会入会歴:2014(H26年4月)

●入賞にあたってのコメント

 

 やっと、3位まで上がれて 嬉しいけど、 1位になれなかったのは 残念でした。

師匠や先輩達に

「がんばったな」

「応援してるよ」

「あともうちょっと」

と言ってもらって、

 

 僕の心は 一歩進もう と思いました。

 

 しっかり叩くこと!! 頑張ります。

 

たくさんの人に 応援してもらって 嬉しいです。 ありがとうございました。

 

 

 

*表彰式/優勝の小田島流(仙台)のマイムちゃん(右側)と師匠と一緒に。

よっちゃん!! 堂々としていて、カッコよかったよ!!  

byアッコ