皆様 新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。

 

今年も掲題の新年会の方出席の為、1/11から秋田にお邪魔させて頂きました。

年中 ぬるま湯に浸かっておる小生におきましては、秋田空港に降り立った瞬間、『ピリッと』引き締まった

空気で身体の芯から目覚める事が出来ました。

昨夏に大阪で親睦旅行が開催されたとは言え、一年振りにお会いできた方もおられたので嬉しい再会となりました。

宗家を筆頭にお会いした方全員が「満面の笑み」だったのが、小田島会の特筆すべき特徴です!

 

粛々と進行する総会の終了後は、お待ちかねの新年会です。

今年も大勢のお客様に足をお運び頂き、満員御礼です。

各界の錚々たるお客様からもご丁重なご祝儀を頂戴し又『ピリッと』引き締まりました。

ところが慌てて着付けをしたものですから、このあたりで袴が『ユルッと』なり四国のY先輩に締め直して頂きました。

宴が始まると息つく暇もなく、終演迄一気にお客様も交え突き進むのが小田島会です。

途中 お酒も入り「曲弾きバトル」や「手踊り」に現を抜かしておると←(お前は客か!)

宗家から「 Iさん! 早く舞台に出て唄付けしなさい(笑) 」とお声が掛かり再度『ピリッと』なり

千鳥足で三味線を持ち舞台に上がりました。

な、な、なんと、そこには民謡名人位の小野花子先生がおられるじゃあーりませんか‼

でももう後には戻れません。

頭の中は真っ白になりながら「秋田船方節」を弾かせて頂きました。

 

一生に一度の経験だと思います。(もちろん一人での演奏ではありません。)

 

2次会では不思議なダンスも始まり大盛況です。

3次会のカラオケボックスでは小生も一曲歌わせて頂きました。

その時、唄付けをはるかに上回る衝撃が.....

左モニターの歌詞を見て熱唱中、右隣の男性老紳士が小生の背後から抱きついてきはりました。

まさに『ナニッ?と』なりましたが家元の教えの中にもありますが「最後まで弾ききれヨ」のフレーズがよぎり

完唄しました。 生まれて初めて男性に抱きつかれながら、ミスチルを歌いました。

 

一生に一度の経験だと思います。(もちろん一人での演奏ではありません。)(笑)

 

もう意味が分からなくなってきたので、告知だけさせて頂きます。

今年は小田島会設立40周年にあたります。 

11/22に秋田県で記念公演が開催されますので会員の皆様におかれましては、奮ってご参加頂けます様お願い申し上げます。

最後に伊丹空港到着ロビーに孫が出迎えてくれて『ホッと』しました。

                   

                      おしまい❕     大阪 Iでした。

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする