青森市にて

5月3、4日



全体の結果は 秋田民謡小田島会(facebook)をご覧ください。

大阪支部からはMさんがシニア部門に、Sさんが初級部門にエントリー。Sさんと私が団体戦に参加してきました。


青森についてからというもの、仙台支部の方にお世話になりっぱなしでした。大会にエントリーされながら全体をまとめ、リードしてくださり、本当に大変だったと思います。

ありがとうございました。

仙台のSくん、ジュニア団長として、ありがとうございました。

(ひさしぶりに会えたSくん。男前になったね。三味線を弾く姿は更に素敵でおばちゃんは成長ぶりに感動せずにはおられません)


団体戦をご一緒させていただくには『合宿形式』と、生活を共にし、コミュニケーションを交わし、演奏へと繋いでくださいました。


手巻き寿司を、「あーだこーだ」「その食べ方、関西風?個人の好み?」と賑やかに話ながら。


食後は


こうして練習をし、

団結力を高めてくださいました。

(*写真には写っておりませんが、大人もちゃんと練習をしました)


結果は惜しくも2位でしたが、子どもからシニアまで頑張りました。

夜な夜な、家元を囲んで三味線と唄と飲み物を楽しみ、民謡文化を堪能。

テレビやゲームをするでなく、ほろ酔いながら(若干、ボロ酔いの支部長)三味線を楽しむ、昔は当たり前だったことを贅沢に体験させて頂きました。


また来年!と解散しましたが、反省点をどっさり抱えて戻ってきましたので、来年までに成長できるのか?

ジュニアのパワーを頂戴しながら、精進したいと思います。


家元はじめ、師範の先生方、仙台支部の皆さま、本当にありがとうございました。

(by U)


コメント
コメントする