三絃小田島流(さんげんおだしまりゅう)の伝試験 が、2年ぶりに執り行われました。

 

伝位によりそれぞれの筆記試験と実技試験があります。

 

今回は17名が挑戦しました。(大阪/神戸/四国/旺樂会)

 

*真剣そのもの。

 

 

 

実技試験は

 

尺八と太鼓も加わった唄付け伴奏です。

 

審査の先生方3名をまん前にしての演奏となると

「緊張するな」という方がムリですよね。

普段どうりには中々弾けません。

 

青ざめたり、苦笑いで、試験会場からでてくる面々、、、。

 

今回はお手伝い係のK林でございましたが、

みなさんの緊張すべて伝染りましたがな。。。

 

*大阪支部長の実技試験中。

 

 

 

 

*1番最後、待機中の旺樂会Tちゃん。

 

 

*Tちゃん名取に挑戦中の外の様子。

 

 

 

 

そして

 

見事

全員が合格しました!!

 

良かった。良かった。

 

*宗家純子先生直々に。


 

 

 

その後に

三絃小田島流ミニコンサート。

 

若手、旺樂(おうらく)師範をトップに

中2のTくんとRくん。

小5のYくんの若手4人編成で

唄と三味線を披露。

 

 

*試験会場のホテルにて、宿泊客の皆様に喜んでいただけました。

 

 

*ほんま、みんなカッコ良かったです!

感動のあまり、小田島流に入会したくなりました。

(もう入っとるがな!!)

 

 

*最後は懇親会で、楽しいひと時をすごしました。

 

 

 

又、明日から気持ちを新たに練習に励みましょうね!!