令和元年7月7日。みちのく全国大会が仙台にて行われました。

九州支部、四国支部、神戸支部、大阪支部、仙台支部とが集まりましたよ。

 

西の陣(四国・神戸・大阪の合同をそう呼んでいます)メンバーは、レンタカー移動に、お宿も一軒家。

ということで、大会前日追い込み練習、大会後反省練習、大会あくる朝これから練習と楽しく、三味線三昧で過ごさせていただきました。

と言っても、ジュニアの二人が楽しむもので、大人は聴いているほうが多かったのですが・・・。

充実した2泊3日を過ごしました。

 

で、大会です。

みちのく大会は仙台支部の方が、裏方の進行も務めてくださって、舞台進行と出演と大変目まぐるしく動いてくださいました。

お陰様で、個人戦、団体戦、津軽三味線六段大合奏とそれぞれが力を発揮することができました。

 

大阪支部メンバーは団体戦に出場しました。

団体29名という大所帯。

『起承転結』を優勝目指して、前日に最初で最後の合同練を行いました。日頃の個人の努力もあり見事、大会では優勝することが出来ました。

私も何度か目の挑戦になります。初めての時、エアー演奏が多かったのですが(内緒ですよ)、今回はエアー無しで弾くことができました。迷惑にならないようにと願いながら、団体戦に加えていただくことで、個人としても成長できていることを実感しています。(ホンマかな?)

また、次を目標に頑張ります!    

            (記 Biでした)

                  


 

個人戦の結果

壮年・男子の部 2位  山室さん

小学生の部   優勝 篠原さん

        2位  鳥飼さん

        3位  福士さん

中高生の部   2位  桃原さん

おめでとうございます!!


 

       

 

6月5日〜9日にかけて開催された「YOSAKOIソーラン祭り」

大阪支部からR君、神戸支部からT君が、

YOSAKOIチーム”新琴似天舞龍神"の一員として三味線で参加しました。

 

YOSAKOIソーラン祭りHP

http://www.yosakoi-soran.jp/

 

新琴似天舞龍神HP

http://www.shinkotoni-tenburyujin.jp/

 

 

札幌にある色んなステージで演舞をしたり、

地方車が先導しながらパレードをしたり、

その中で審査があり、大賞となるYOSAKOIチームが決まります。



7日(金)に北海道に入りしたその日から演奏。

そしてそのまま最終日まで朝から晩まで色んな場所で演舞、演奏をしました。






子供達だけのチーム"子龍隊"の審査ステージの前には皆で円陣を組んで気合い入れたり。



子龍隊、本隊、共にファイナルまで勝ち進みましたが結果は大賞ならず。


しかし本気で打ち込んで精一杯挑む気持ちは凄く尊いものですし、

それを感じた多くの方にYOSAKOIの楽しさと感動を与えたのではないかと思います。

(私は大きなパワーと感動を貰い終始ウルウルしておりました)



R君もT君も初めての北海道。

慣れない場所で1日中動き回り、演奏し、大変だったと思いますが、それ以上に楽しかったようです。



美味しいものも食べました。

(味噌ラーメンめっちゃ美味だった·····)

(初ジンギスカンも最高でした)



この経験は絶対にこれからの三味線に活きてくると思います。

2人には今迄以上に頑張って貰いましょう。



今回は付き添い(ほぼオカン)に徹したSがお送り致しました。

第31回 津軽三味線全日本金木大会(青森県五所川原市金木町)

初日2019年5月4日

 

個人戦シニアの部と一般の部C級の

応援に行ってまいりました

K林です。

 

風のきつい、

帽子が吹き飛ばされそうな日でした。

 

 

「チーム金木」のシルバー5名は、

朝7時半に皆で宿泊しているロッジを出発。

雪の残った岩木山を眺め、

車で約1時間で大会会場の金木公民館へ到着。

4名受付エントリーを済ませ、

練習場所を取り、少し練習。

 

その後、

橋に三味線の絵柄のついた金木川を渡り、

近くの津軽三味線会館へ。

タイミングよく

黒澤博幸先生

<金木大会第14.15.16回仁太坊賞(優勝)>の

演奏をきくことができました。

 

サポーターの私は、

向かいにある

太宰治記念館『斜陽館』をも見学。

太宰治の生家は

超のつくお金持ちだったんですね、、、。

一体何部屋あるん?って

いうくらいの大きいお屋敷でびっくりしました。

 

 

 

午後いよいよです。

練習に熱が入っています。

シニア部門:四国支部のYさん。大阪のMやん。

一般の部C級:旺樂会Tちゃん。大阪支部長のヒゲMやん。

(ヒゲMやん以外は、前日の青森の日本一決定戦にも出場)

 

大会会場は手前:ゴザ敷き、後ろ:パイプ椅子。

審査員は舞台から見て右側という配置です。

こじんまりとしています。

食堂(調理実習室)で、そばやカレーが食べられます。

アットホームです。

 

残念ながら、今回メンバーの入賞ならず。

皆さん、

次回に向けて決意を新たにされていました

(はず)。

 

 

 

追記

5日私は、

夕方まで青森市内散策。

単独行動。

 

観光物産館に

「三味線音色頒布会』のポスターが、、、。

うぬぬ???

 

毎日、日替りの津軽三味線演奏が聴けると。

 

さすが青森。

これは通り過ぎるわけにはいかないでは

あ〜りませんか。

 

てなわけで、5日も生津軽三味線がきけました。

 

 

ねぶた会館。

 

青森港。

 

青森 春フェスティバル(よさこい演舞ほか)。

 

のっけ丼(海鮮丼)。

 

ご当地ビール(Mやんおススメ。

5日の後半はこのビールを探すことに

気をとられてしまった。。。)

 

と青森を堪能いたしました!!

青森市にて

5月3、4日



全体の結果は 秋田民謡小田島会(facebook)をご覧ください。

大阪支部からはMさんがシニア部門に、Sさんが初級部門にエントリー。Sさんと私が団体戦に参加してきました。


青森についてからというもの、仙台支部の方にお世話になりっぱなしでした。大会にエントリーされながら全体をまとめ、リードしてくださり、本当に大変だったと思います。

ありがとうございました。

仙台のSくん、ジュニア団長として、ありがとうございました。

(ひさしぶりに会えたSくん。男前になったね。三味線を弾く姿は更に素敵でおばちゃんは成長ぶりに感動せずにはおられません)


団体戦をご一緒させていただくには『合宿形式』と、生活を共にし、コミュニケーションを交わし、演奏へと繋いでくださいました。


手巻き寿司を、「あーだこーだ」「その食べ方、関西風?個人の好み?」と賑やかに話ながら。


食後は


こうして練習をし、

団結力を高めてくださいました。

(*写真には写っておりませんが、大人もちゃんと練習をしました)


結果は惜しくも2位でしたが、子どもからシニアまで頑張りました。

夜な夜な、家元を囲んで三味線と唄と飲み物を楽しみ、民謡文化を堪能。

テレビやゲームをするでなく、ほろ酔いながら(若干、ボロ酔いの支部長)三味線を楽しむ、昔は当たり前だったことを贅沢に体験させて頂きました。


また来年!と解散しましたが、反省点をどっさり抱えて戻ってきましたので、来年までに成長できるのか?

ジュニアのパワーを頂戴しながら、精進したいと思います。


家元はじめ、師範の先生方、仙台支部の皆さま、本当にありがとうございました。

(by U)


ジョンガラ久しぶりの自主練習会

 

3月も終わりというのに

冬のような寒さの中

 

ろくだん

起承転結

花吹雪

と合奏練習をしました。

 

最後に

MYじょんがらの披露を2周(も)しました。

*家元がそれぞれのじょんがらを作曲してくださいます。

 

みなさん

1回目より2回目の方が、落ち着いて弾けてましたね。。。

 

少年R君、堂々としてましたネ〜。

6月には、北海道まで演奏に行きます!!

 

Sさん、5月の青森大会用のバチで、追い込み中。

帽子がキュートです。

合奏の指導ありがとうございました。

 

Kさん、来週の東京大会を前に

遠方からお疲れ様でした。

さすが、弾きこんでます。

 

元少年Iさん。

なんと!2回目途中で、ど忘れストップ。

いつも弾いているのになぜか思いだせない、、、汗。

5月の金木大会までには思い出してください。

 

私も弾かせていただきましたが、

 「外す、ぬける、早い 」と3拍子揃ってました。

まだまだ(永遠?に)

個人戦参戦には程遠い状態であります。。。

いい経験をさせていただきました。

 

 

自主練習会は3時間、思いっきり音を出せます!!

 

今回参加できなかった方も

次回の参加お待ちしてま〜〜す。

 

ショウエイ

P.S.

4月から芸の道を歩まれるS君です。

親元を離れ、一人暮らしがスタートします。

頑張れ、若者!!

 

大人も無理のない範囲で頑張る!

 

by K林

 

2月23、24日。大阪大会が開かれました。


九州支部・四国支部・旺來会・旺樂会・大阪支部から個人演奏のエントリーをし、日頃の成果を発揮されました。

それぞれ、とても素晴らしい姿で舞台に立たれておりましたが、その様子は撮影禁止で残念ながらお伝えすることができません、お許しを。

ぜひ、次回、ご自分の眼で、耳でご覧頂けると「素敵!」「弾きたい!」の気持ちが沸いてくるものと思います。

以下入賞記録です。


壮年の部・5位・山室有史さん

少年少女の部・3位・篠原好輝さん

一般女子の部・4位・末廣裕美さん

大賞の部・3位・佐藤史織さん

大賞の部・4位・菊田和志さん

皆さんの姿を拝見していると、「自分も弾けるようになりたいな」「いい音ってどんな音?」「・・・・」ど素人の私には、たくさん学びたいことが出てきました。

奥深い世界ですね。


楽屋で集中されている姿。

各々に集中したり、互いに聞きあったり。

時には家元、師範がご指導くださったり、他流派の先生がお声掛けをくださったりと、貴重な時間が流れています。


家元はじめ、素晴らしい諸先輩方のもとで学べる喜びを噛み締めながら、私もステップup??? できるかな〜

(Aちゃんこと、見守り隊の報告です)




こんにちは。

2月17日のお稽古の様子です。

 

見学者が、

なんと

3名も来てくださいました。

 

2回目の見学の方2名と初めての方1名です。

2名の方は、3月より入会されることとなりました!!

仲間が増えてうれしいな〜。

 

 

2019217_Y

 

西の番長 アディダスFくん

(神戸支部長)

大阪のサポートに来てくださいました。

ありがとうございます〜〜。

 

Aちゃん

1時間みっちりお稽古。

付箋大活躍!!

師匠に指摘されたところを

すかさずチェック!!

 


 

津軽三味線を習いたいけれど

どこで

そして

誰に習うか、

悩みますよね。。。

 

自分に合うかしら?

 

お月謝は?

 

お稽古日は?

 

会の雰囲気は?

 

などなど

気になることも

たくさんあると思います。

 

大丈夫です。

何度でも見学OKです。

 

ご興味のある方は、

ぜひお越しくださいね。

初めて持つ津軽三味線の

どきどきワクワク体験をしてくださ〜い!!

 

初心者の方はもちろん

経験者の方も大歓迎です。

個人レッスンですので、

各人にあった指導が受けられるので安心ですよ。

 

家元(師匠)は、いつも笑顔で教えてくださいます。

 

 

2019217_4koma

 

Nさん

とても楽しそう!!

 

Tちゃん

いつもにも増して

ど真剣!

 

Rくん

マイじょんから練習中!!

 

Kさん2回目のお稽古。

ろくだん練習中。

起承転結もすぐ弾けそうです。

 

 

2019217_ouraku

 

17日はラッキーデーでした!1

 

昨年末の津軽三味線全国大会で

日本一になった

旺樂師範が来てくださり、

新入会の会員さんに

三味線の持ち方、

ばちの握り方などなど

懇切丁寧に指導中。

 

フムフムと

私も

改めて勉強になりました!!

ありがとうございました。

 

Rちゃん

大好きな旺樂師範のお稽古で、

いつもの2倍がんばりました!!

 

Iさん(大阪支部長)

唄付け伴奏お稽古中。

 

前に

三味線を持った師匠、

横に

太鼓を持ち、

唄ってくださる旺樂師範に

囲まれております。

贅沢なお稽古です。

 


 

お稽古の前や後には、

お弟子さん同士で

『こんな時どうしてるの?』

みたいな事も気軽に聞けて、

和気あいあいとした雰囲気です。

 

迷ってるなら、

まずは

初めの第一歩。

問い合わせメールくださいね。

 

家元の指導に加え、

師範の指導もご案内できます。

 

お待ちしてま〜す。

 

by K林

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

旧年中は、各方面の方々に大変お世話になり本当にありがとうございました。

本年もご指導ご鞭撻いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

1月13日、秋田ビューホテルにて民謡小田島会祝賀新年会が行われました。

 

今年は大阪、神戸、福岡と西からの参加者が多く、大阪からは私を含め4名。

前日に懇親会を開いて下さり、きりたんぽ鍋など秋田の美味しい食べ物とお酒を堪能。

途中なまはげが乱入してきたり…(私初なまはげ!)

楽しい前夜祭となりました。


 

当日は琴と太鼓の入った「起承転結」のオープニングでスタート。

お客様も巻き込んだ唄や踊りで小田島会らしい新年会。

私達も伴奏させていただき、勉強させていただきました。

 

詳しい新年会の模様は小田島会facebookから御覧下さい。

https://www.facebook.com/akitaminyoodashimakai/

 

お客様をお見送りした後は、2次会。

待ってました!とばかりに盛り上げにかかる西の陣メンバー。

やはり関西人の性なのでしょうか(笑)

 

 

楽しい弾き初め、新年会から始まった2019年。

大会などで良い結果が出せるよう、今年もお稽古に励みたいと思います。

 

新年会当日三味線の皮が破れ、草履の裏底が外れ…

「あ、そういえば今年後厄や」と気付き新年早々震えあがっているSがお送り致しました。

(ちなみに三味線は急遽お借りする事ができ、草履は神戸支部長に直していただきました)


 

第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【柴田雅朗】高年部門 7位

●三味線歴 約10年

●小田島流入会 2017年7月

●入賞にあたってのコメント

 

いつも高速曲弾きになって、結局、自分で自分の首を締めて最後に自爆するパターンでしたが、少しは抑えられるようになりました。

師匠に絶対、走らないようにと重々ご指導頂き、何とかなりましたが、まだ爆走してる感はあります(エヘッ)。

今後、5位までに入賞出来るように精進致します。

今後ともこの暴走野郎をよろしくお願い致します。

 

 

今回は爆走から小走りくらいまで落ち着いてたのではないでしょうか?(笑)

次回は更に上位入賞出来るよう頑張って下さい! by.i藤


 

第6回 津軽三味線・津軽民謡全国大会

日本の真ん中フェスティバルinびわ湖

 

【大野恭子】高年部門 15位

●三味線歴 約10年

●小田島流入会 2018年7月

●入賞にあたってのコメント

 

「滋賀県民が、びわ湖大会に出ずして...」 と、後押しされ

びわ湖大会初参戦させていただきました。

 

結果は湖底に撃沈!

反省し、士気を鼓舞したいのに、いまだ...

"Mother lake"にあやかり前進せねば!

 

☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆

 

滋賀大会お疲れ様でした。

次回は更に上位入賞出来るよう頑張って下さい! by.i藤