津軽三味線 津軽民謡 全国大会 IN琵琶湖

2019年12月7,8日に行われ、小田島西の陣として、また個人として多くの仲間が出場し、健闘しました。

7日 

初級部門

池田さん(旺來会)が4位に。 おめでとうございます。

(50名の出場があり、どうも初級者ではない部門になってきたように感じました)

 

少年少女唄部門

篠原さん(旺樂会)、3位。初の民謡部門への挑戦、頑張りました。

(旺樂師匠が伴奏をしてくださり、三味線の音が鳴ると同時に会場の空気感が変わりました。歌い手を盛り立ててくださる三味線弾きとは・・・を目の当たりにしました)

 

鯵ヶ沢甚句部門、青森県民謡部門、津軽5大民謡部門

小室さん、前田ㇼさん、前田ゖさん(埼玉支部)が入賞。

(立派な歌声、魅了されます。練習されている後ろ姿が物語っていますでしょ)

 


 

津軽三味線甲子園部門  ましろのおと杯

須貝 麻由こと(小田島旺跳)さん (仙台支部)が見事、初代チャンピオンに‼ おめでとうございます

(べっぴん麻由さんが弾いている姿、ほんとうにカッコ良いです。もちろん音も美しいです。ひとつぶずつ、美しい音。

日本一部門にエントリーされている方々の出場でこれまたハイレベルな戦いの中、圧巻でした)

 

 

唄付け指定曲部門

織江 響こと(小田島旺響)さん (仙台支部)も優勝‼

(「あー、アカン、アカン」と顔を赤く、髪を振り振りさがってこられました。でも舞台の上ではいつもの堂々とした響のある演奏で、私は、「大丈夫!」と思ってましたよ。 ほらね)

 

 

8日

高年部門

岡山支部、埼玉支部、大阪支部といつものメンバーが挑戦し、入賞しています。

 

少年少女部門

仙台支部からお二人と旺樂会からの挑戦。

優勝は 小野寺さん(仙台支部)

準優勝 篠原さん(旺樂会)

入賞6位 瀬戸さん(仙台支部) 

それぞれ一生懸命に頑張ってます。大会の時、年に数回会うだけですが、そこは同志、仲良く楽しくやってます。

 

一般女子部門

入賞6位 末廣さん(福岡支部)おめでとうございます。

お仕事の合間に時間を見つけて車の中でガンガンやるそうな。ストイックにやってらっしゃる素敵なお姉さまです。

 

一般男子部門

優勝 桃原さん(神戸支部) 

(まさか、ほんとうに・・・イヤイヤごめん。  凄い!としか言えない。それだけの練習や研究をしておられますからね。

若い彼に、いつもプチシニアグループは教えてもらうんです。これからがとてもとても楽しみな若者です)

 

唄付け抽選曲部門

準優勝 須貝さんこと(小田島旺跳) (仙台支部) 

(どの曲を弾くのかは、その時。運しだい。でも旺跳師範なら、何でも来い! 歌い手さん、太鼓と会場の雰囲気、審査員の動きをアンテナ受信しながら見事に演奏されました)

 

課題曲六段部門

優勝‼ 30人の大所帯でしたが、良い感じに。初めての参加を不安で不安でギリギリまで迷っておられた方もおられました。みんなに迷惑をかけられないと。 でも、一生懸命に練習もされましたし、師範の配慮もあり、一緒に演奏をすることができ、心臓をバクバクさせながら「弾きました」「ちょっと間違えました」と感動と共にお話くださいました。そのお顔は生き生きされていました。

旺來師範のもと、最後の練習です。  取っ散らかった現場で・・・

 

 

前日の会議

聞こえます?  「あしたさぁ、どう並んでもらおうか」「Aさん、ここかな」「いやこっちの方がいいんじゃない?」「Bさんには××してほしいから、ここかな」「Cさん、撥の動き良いんだよね」「あーちゃん、失敗しても知らん顔できるんだよね」

あーでもない、こーでもないと悩んで悩んで並び順を考えてくださってます。

 

独奏オリジナル部門

優勝!! 小田島の合奏曲『花吹雪』。

(この曲を、この人数で???と驚いたのは私だけではなかったはず。関西では合同練習もしましたが、全員が揃うのは当日のみ。これは失態できないと自分に練習を命じました。合わせる、師範の音を聴き取る、個を主張しない等団体戦での心構えや技法を学びました。途中ん?ん?と思う部分もありましたが、高く評価を頂き、嬉しいです。この曲の美しさを損なわない演奏が目標です)

 

 

琵琶湖

 

今後とも  西の陣  よろしくお願いします

 

ご指導くださった師範の先生方

とある場所での密会中。マル秘:大会会場では、ここでの密会が多い。

これからもよろしくご指導ください 

 

 

最後に

大会終了後にアトラクションで我が小田島会の家元が演奏されました。(画像はありませんが)

それは、それはやっぱり最高でした。 私が大好きな、秋田荷方節。感動でした。

一番前で拝聴していた私たち。こんなにカッコいい家元に教わっているのかと我に返ると、「あー、練習します。上手くなりたい」「もったいない」と思わずにはいられませんでした。

カッコいい家元。 諦めないでご指導ください(笑)

 

レポート; ⦅び⦆でした。 次は大阪大会です!  

 

<大阪教室>

 

12月のお稽古日は、

 

22(日)、28(土)、29(日)です。

 

*無料見学&体験 お問い合わせ お待ちしております。

11月三連休の最終日、

12月の滋賀大会団体戦にむけて

合同練習を行いました。

 

旺樂師範の指導の下で3時間です。

ありがとうございました。

 

*次回は6時間ですヨ!!

 

 

旺樂会、旺來会、

大阪、神戸支部から16名の参加。

 

まずは調弦、

テンポ、

ツボ、

強弱などなど練習しました。

 

 

 

 

どさくさに紛れることができない、

対面演奏です。汗

 

 

旺樂師範より

「昨年よりマシになっている部分も、あります。」

という、

ありがたい?お言葉をいただきました。

 

 

あと1ケ月あまりですが、

心一つに 

「ONE TEAM」になれるように

練習に励みましょう。

 

by K林

 

<大阪教室>

 

11月のお稽古日は、

 

23(土)、24(日)、25(月)です。

 

<神戸教室> 於:大阪事務所

 

11月のお稽古日は、30(土)です。

 

*無料見学&体験 お問い合わせ お待ちしております。

ついにその日が,

やって来ました。

 

秋田、仙台、四国、大阪、神戸、名古屋方面から

なんと総勢43名の参加。

 

皆様

ほんに、

お疲れ様でございました。

 

10月26日(土)

伊丹空港へ

秋田、仙台、四国の方々をお迎えに。

 

そしてバスにて新世界へ。

 

 

バスガイド担当 大阪支部Mチルさん。

 

関西弁講座にはじまり、

通天閣や大阪城にまつわるガイドをしていただきました。

 

いやぁホンマ

ナイスでしたネ〜。

流石 漫才師!!

 

ちゃうちゃう

ほんまもんの教師です!!

 

一夜漬けとは思えない完璧なトークでした。

(脱帽)

 

そして

新世界にて、

バス班以外のメンバーと合流。

 

串カツを食し、

ビールを飲み、

(私は夜まで我慢)

 

大阪城へ向かいました。

 

 

そして水上バスに乗りました。

大阪城港からぐるっと55分。

 

 

 

夕刻ホテルにて、若手のミニ舞台を開催!!

着いてすぐの演奏お疲れ様でした。

 

 

そして、

待ちに待った宴会へ突入〜。

 

家元の発案にて

席順は、くじ引きで決めました。

 

地域、老若男女入り混じって、

楽しくお話しができました。

 

 

宴会の後半は、

唄と演奏の

はじまり、はじまり〜っ♪

 

宗家のしなやかな踊り、

とても素敵でした。

 

私も淳美さんと共に唄わせていただき、

ありがたいことに

宗家から指導のお言葉も頂戴いたしました!!!

(感激)

 

 

支部や会ごとに

自己紹介もしました。

 

「長く習っているのにあまり上達していません。」

の言い訳が多かった?ような気がします。

(それは私です。)

 

 

宴会フィナーレは、

皆で秋田大黒舞の大合唱。

 

そして

その後は、

酒盛りの長〜い夜が、、、。

 

 

 

 

10月27日(日)

午前中:懇親演奏会。

 

お客様にもお越しいただき、

唄、踊り、三味線を披露いたしました。

 

 

実は、西の面々はこういった行事になれておりません。

緊張しましたねぇ。

 

 

諸先輩方のすばらしい技に

感動いたしました。

 

 

 

演奏会のフィナーレは、秋田節を皆で唄いました。

 

 

午後は、

道頓堀へ

レッツゴー。

 

そこからは自由散策で、

皆様いろいろな体験をされたようです。

 

ど派手看板撮影、

 

あべのハルカス、

 

お買い物、

 

たこ焼き、アイスの食べ歩きなど。

 

かく言う私、

この度

タピオカドリンク初体験しました。

遅っ!!

甘っ!!

 

まあ

それにしてもヒトの多かったこと。

地元大阪人でもびっくりです。

 

 

そして、

夕刻解散となりました。

 

 

 

長かったような

短かったような

2日間でした。

 

「楽しかったヨ」のお声をいただきまして

ホッとした次第でございます。

 

 

最後になりましたが、

準備をはじめて約半年、

大阪支部役員にて

あ〜でもない

こ〜でもない

段取りをいたしました。

 

いろいろ、

間際にならないと

気の付かないことも

多々ありまして、

せわしなかったかと存じます。

 

この場を借りて

お詫びいたします。

 

そして

お手伝いいただいた方々に、

御礼申し上げます。

 

 

これに懲りずに

大阪に

また来てくださ〜い!!  

 

by K林

 

p.s.

四国うどん巡りも行きたいな、、、。

 

 

10月のお稽古日は、

 

14日(祝)

 

20日(日)

 

22日(祝)です!!

 

無料見学&体験 お問い合わせ お待ちしております。

 

*9月の新入会員さんのご様子

 

15日が初お稽古のCさん。

 

お稽古内容は、

撥づけ→

大切な前バチ、後ろバチの練習。

そして

4300の練習でしたね。

 

Cさん、家元の手元に食い入るようなまなざしです。

 

朝一のお稽古が終わってからも

夕方まで、

熱心に練習されて帰られました。

 

水ぶくれ大丈夫かなぁ〜??

 

*右下は、大阪支部長(赤シャツ)です!!

スーパーマリオではありませんヨ。

 

今日も昼間は、35℃の暑〜い1日でした。

早く昼間も涼しくなってほしいべ。

 

by K林

 

三絃小田島流(さんげんおだしまりゅう)の伝試験 が、2年ぶりに執り行われました。

 

伝位によりそれぞれの筆記試験と実技試験があります。

 

今回は17名が挑戦しました。(大阪/神戸/四国/旺樂会)

 

*真剣そのもの。

 

 

 

実技試験は

 

尺八と太鼓も加わった唄付け伴奏です。

 

審査の先生方3名をまん前にしての演奏となると

「緊張するな」という方がムリですよね。

普段どうりには中々弾けません。

 

青ざめたり、苦笑いで、試験会場からでてくる面々、、、。

 

今回はお手伝い係のK林でございましたが、

みなさんの緊張すべて伝染りましたがな。。。

 

*大阪支部長の実技試験中。

 

 

 

 

*1番最後、待機中の旺樂会Tちゃん。

 

 

*Tちゃん名取に挑戦中の外の様子。

 

 

 

 

そして

 

見事

全員が合格しました!!

 

良かった。良かった。

 

*宗家純子先生直々に。


 

 

 

その後に

三絃小田島流ミニコンサート。

 

若手、旺樂(おうらく)師範をトップに

中2のTくんとRくん。

小5のYくんの若手4人編成で

唄と三味線を披露。

 

 

*試験会場のホテルにて、宿泊客の皆様に喜んでいただけました。

 

 

*ほんま、みんなカッコ良かったです!

感動のあまり、小田島流に入会したくなりました。

(もう入っとるがな!!)

 

 

*最後は懇親会で、楽しいひと時をすごしました。

 

 

 

又、明日から気持ちを新たに練習に励みましょうね!!

 

令和元年7月28日(日)

全日本津軽三味線競技会 名古屋大会に行って参りました。

 

小田島ジュニアWEST

 

やったね!ダブル優勝!!

 

小学生の部 優勝 : 篠原 好輝(ヨシキ)くん(旺樂会)

高校生以下の部 優勝 : 桃原 卓也くん(神戸教室)

 

家元(小田島 徳旺師匠)と共に。桃原卓也君の表彰のあと。

 

 

小田島 旺樂(おうらく)師範と共に。

みちのく全国大会から優勝続きの絶好調ヨシキくん。

 

 

そして

壮年女性の部 特別賞 : 大野恭子さん(大阪教室)

おめでとうございます!

 

 

一般の部Aクラスでの再演奏直前のジュニアWESTの様子。

小田島Tシャツが、キマッてます。

 

 

初めての名古屋大会の見学。

レベルの高い演奏が聴けて、

ホンマ勉強になりました!

 

 

帰りみち、

滋賀大会の一般男子の部で

桃原君と激突する?

U氏は、

三味線への情熱の炎=MAXで、

メラメラしてましたヨ。(笑)

 

 

鰻重を食べる間もなく、

うなぎおむすびと缶ビールを買って

新幹線に飛び乗り帰阪したK林でした。

 

令和元年7月7日。みちのく全国大会が仙台にて行われました。

九州支部、四国支部、神戸支部、大阪支部、仙台支部とが集まりましたよ。

 

西の陣(四国・神戸・大阪の合同をそう呼んでいます)メンバーは、レンタカー移動に、お宿も一軒家。

ということで、大会前日追い込み練習、大会後反省練習、大会あくる朝これから練習と楽しく、三味線三昧で過ごさせていただきました。

と言っても、ジュニアの二人が楽しむもので、大人は聴いているほうが多かったのですが・・・。

充実した2泊3日を過ごしました。

 

で、大会です。

みちのく大会は仙台支部の方が、裏方の進行も務めてくださって、舞台進行と出演と大変目まぐるしく動いてくださいました。

お陰様で、個人戦、団体戦、津軽三味線六段大合奏とそれぞれが力を発揮することができました。

 

大阪支部メンバーは団体戦に出場しました。

団体29名という大所帯。

『起承転結』を優勝目指して、前日に最初で最後の合同練を行いました。日頃の個人の努力もあり見事、大会では優勝することが出来ました。

私も何度か目の挑戦になります。初めての時、エアー演奏が多かったのですが(内緒ですよ)、今回はエアー無しで弾くことができました。迷惑にならないようにと願いながら、団体戦に加えていただくことで、個人としても成長できていることを実感しています。(ホンマかな?)

また、次を目標に頑張ります!    

            (記 Biでした)

                  


 

個人戦の結果

壮年・男子の部 2位  山室さん

小学生の部   優勝 篠原さん

        2位  鳥飼さん

        3位  福士さん

中高生の部   2位  桃原さん

おめでとうございます!!


 

       

 

6月5日〜9日にかけて開催された「YOSAKOIソーラン祭り」

大阪支部からR君、神戸支部からT君が、

YOSAKOIチーム”新琴似天舞龍神"の一員として三味線で参加しました。

 

YOSAKOIソーラン祭りHP

http://www.yosakoi-soran.jp/

 

新琴似天舞龍神HP

http://www.shinkotoni-tenburyujin.jp/

 

 

札幌にある色んなステージで演舞をしたり、

地方車が先導しながらパレードをしたり、

その中で審査があり、大賞となるYOSAKOIチームが決まります。



7日(金)に北海道に入りしたその日から演奏。

そしてそのまま最終日まで朝から晩まで色んな場所で演舞、演奏をしました。






子供達だけのチーム"子龍隊"の審査ステージの前には皆で円陣を組んで気合い入れたり。



子龍隊、本隊、共にファイナルまで勝ち進みましたが結果は大賞ならず。


しかし本気で打ち込んで精一杯挑む気持ちは凄く尊いものですし、

それを感じた多くの方にYOSAKOIの楽しさと感動を与えたのではないかと思います。

(私は大きなパワーと感動を貰い終始ウルウルしておりました)



R君もT君も初めての北海道。

慣れない場所で1日中動き回り、演奏し、大変だったと思いますが、それ以上に楽しかったようです。



美味しいものも食べました。

(味噌ラーメンめっちゃ美味だった·····)

(初ジンギスカンも最高でした)



この経験は絶対にこれからの三味線に活きてくると思います。

2人には今迄以上に頑張って貰いましょう。



今回は付き添い(ほぼオカン)に徹したSがお送り致しました。